しつけ☆

0

    ただ今、息子kun2歳男の子

    息子kunとの意思疎通は、まだまだ言葉の中で出来るものと出来ないものがあって、
    難しいところではありますが・・・

    そんな息子kunにも徐々に『しつけ』をしてはいるものの、改めて『しつけ』ってどうしたら
    いいのかなぁ〜
    ?
    と思ったので…
    参考の一つとしてキラキラ


    親も子も「気持ちいい」 しつけのルール5
     ,靴るときの言葉は短く
       
    簡潔な言葉でわかりやすく言ってあげると、心にも残りやすいものです
     △燭燭なら、子どもの手のひらを
        基本的に体罰はいけませんが、危険のものを触るなど、どうしてもというときは
       手のひらを軽くたたいてみましょう。弾力があってそれほど痛く感じないはずです。

     ときには「無視」も効果的
       
    駄々をこねたときは、無視するのも方法。親に無視されることは、言葉で叱られるより
          子どもにとっては厳しいものです。

     い曚畍斥佞亮鑪爐鯀やしておく
       
    「すごい」「花マル」「偉い」「優しいね」「助かった」など、自分の心を具体的に表現する言葉を
        増やしておくと、子どもの心にスッと染み込んでいきます。

     イ覆爾靴討呂い韻覆い里、理由を説明
       
    頭ごなしに「ダメ」「いけません」と言われても、理由が分からなければ、同じことを繰り返し
        てしまいます。「ケガするから、触ってはダメよ」「お友達が困るから、順番を守ろうね」


     

    コメント
    コメントする








       

    CALENDAR

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    PROFILE

    cheery profile

    愛知県知多市長浦2丁目40-28

    お問い合わせはこちらまで

    NEW ENTRY

    COMMENTS

    QR code for MOBILE

    qrcode